お金に困った!そんな時は物を売る

私はいつもそんな困ったが内容に家を出る前にお財布をチェックして出かけていますが、つい忘れてしまうことがあります。前日の出費を忘れることなんてしょっちゅうです。

いざというときにないと困ります。そんな時は両親がいれば両親に、友達がいたら友達に借りるのですが、肝心の両親や友達がいない場合はとても焦ります。キャッシュカードなどもあればそれを使うに越したことはありません。

しかし、財布自体忘れてしまったとき、私は子供のころは自動販売機を探して拾ったりしていましたが、大人がやっていたら引きます。私はこの場合は仕方なく家に帰ってしまいます。

家に帰ってもお金が必要な時にないときは、このクラウドワークなどですぐにおこずかい程度を稼いだりしています。クラウドワークス以外でもおこずかいがたまるサイトがあるので複数のサイトに登録してやっています。コツコツ方ですが、お金がなくて困っているときはすごく助かっています。それか、近くに単発でできるバイトを探すなりしています。

あとは日ごろ使っていたコンビニの「ポンタカード」や「Tポイントカード」を使います。いざというときに使えるように物を買う際にはポイントカードのポイントを溜めるようにしているので、私は何度か救われたことがあります。

他には、いらない本をbookoffに持っていく、いらない貴金属、アクセサリー、カバンなどを買い取りショップに持っていくというのをやっています。特に買い取りショップは場所によって買い取ってくれる金額が違うので、いくつか回ってから高く買い取ってくれるお店にいって買い取ってもらっています。

ちなみに私のお勧めの高価買取ショップは「リンカン」です。色々と回ってみた結果、リンカンが一番高かった気がしますね。

私が個人的に困った時にやっている他の方法は、近くに祖母が住んでいるので、お手伝いするのでおこずかいをくださいといってお手伝いをたくさんやっています。

なかなか顔もあせられないということもあるので、より一層頑張ってお手伝いができます。
両親の場合も同じですが、今すぐというときは、肩代わりしてもらうほうが早いので、肩代わりしてもらい、後で働いて返すという方法もあります。

女性のお金の掛かるところ&ストレス発散方法は北欧家具

男性より女性の方が身だしなみにお金がかかると思います。

一般的な社会人ですと毎日着ていく洋服に悩んでいる方も多いかと思います。男性の場合はスーツを何着か買い、毎日下着とシャツだけ変えれば周りにいる人は何も不快感を感じません。しかし女性は毎日同じスーツを着ていくわけにはいきません。上下別々の洋服を買い、色や全体のバランスなどを考えて着ていかなくてはいけません。そしてその洋服に合うように鞄や靴も考えてコーディネートしなければいけないので男性よりもかなりお金がかかると思います。
身だしなみは身に着けるものだけではありません。どんなにきれいな洋服を着ていても顔や髪型が合っていなければ周りに不快感を与えます。メイク用品も毎日のこととなるとかなり減りが早いですし、髪型を工夫するにもヘアアクセなどを購入するためにもお金が必要です。新卒の頃などはお給料もそれほどいいわけではありませんので、身だしなみだけでもかなりお金に困ることがあります。
また結婚していてもお金に困ることはたくさんあります。ママ友やご近所さんとのランチに付き合ったりもしなければいけなせんし、家に遊びにくるとなると飲み物やお菓子を出さなければいけません。もちろん断ることもできますが、ご近所さんであればこれからの付きあいも長くなるでしょうし、子どもがお世話になっていたりしていると自分だけ行かないわけにはいきません。
また結婚していると親族の結婚式やお葬式などがあるとご祝儀などでかなりの出費になることがあります。毎日の生活をするだけでも余裕がある生活を送っている訳ではないので、そのお金をどこから出すのかを毎回頭を悩ませます。
独身の時から結婚しても女性特有のお金の悩みは尽きることがありません。しかし今あるお金でいかにやりくりをするかを考えて赤字にならないようにうまくお金を回すかを考えられるのも女性は得意だと思います。お金がないと悩むことよりも楽しんでできるようになりたいと思います。

最近では北欧家具にハマっていて、ネットで見ては、安くておしゃれでドンピシャな家具を買っちゃったりしています。ちょっとしたストレス解消ですね。

ちなみにこんなサイトで探しています⇒こちら

オシャレでとにかく安い!!高いお金を出すと、もっともっといいのとかデザインとかあるのかもしれないけれど、そこまで余裕のある生活をしているわけではないので、安くても気に入ったものが買えればいいかなって思いますね(*´▽`*)

 

学生時代のアルバイト経験

【ガソリンスタンドでバイト】
学生時代に香川県高松市内にあるガソリンスタンドでアルバイトをしたことがあります。
当時はセルフのガソリンスタンドもほとんどなく、スタンドのアルバイトは学生の定番でしたね。

高校時代のクラスの中にも、スタンドでバイトしてた人は2~3人いたはずです。

ちなみに、僕が通っていた高松中央高校はアルバイト禁止だったので、ばれないようにコソ~っと働いていた記憶があります。

時給は1000円ぐらいで、かなり高かったですね。どこのスタンドもだいたいこれぐらいだったはずです。
学校が終わりの夕方から夜10時ぐらいまで5~6時間、週3,4日は働いていましたよ。

毎月の給料は、10万円近く貰っていました。高校生の10万円って言ったらかなり大金ですよね。
僕はバイクが好きだったので、バイクを買うために必死で働いていましたよ。

結局高校3年間、ずっとこのスタンドでアルバイトを続けました。今は、残念ながらこのスタンドも潰れてしまったんですが、店があった場所を通るたびにあの頃の記憶がよみがえります。

今の時代は、インターネットを使って簡単にアルバイトも探せるようになって、本当に便利になりましたよね。

学生の頃は勉強も大事だけど、バイトに精を出すのもいいかもしれないですね。

何となく、高松のバイト情報をみてみたら楽しそうなバイトばかりなので、なんか働いてみたくなっちゃいましたね。あと10歳若ければ・・・(-_-;)

高松でバイトを探している学生の方は、こちらのバイト情報を見てみるといいですよ。
高松アルバイト

高時給なバイトも豊富にありましたよ。
【経験値を上げる、単発のアルバイト】
チラシ配りの仕事をした事があります。本業の休日を利用して、単発で働けたからです。週何日以上という条件もなく、自分のタイミングで勤務出来ました。

業務内容は通行人にひたすら声を掛け、チラシを配るという単純作業ですが、一つ残念なことは、その通行人に無視されたり、さけられたりした時は複雑な感情です。逆の立場の時、同じ事をしてしまいますが。

中には、球場でのチラシ配りもいたしました。おかげ様で、報酬を頂きながらの観戦となりました。(勿論、手は休めませんけれども)。イベントの受付や、誘導の業務もあります。

こちらも単発の勤務のため、自分の都合に合わせてる事が出来ました。イベントによってことなりますが、なかには受付に一日住座っているだけで、何人かが会場について質問に来ただけでした。

誘導も、お客様から質問受ける以外は、ずっと立ちっぱなしでした。どちらとも、正直睡魔との戦いでした。お弁当付きという特典もありました。こちらも単発でしたので応募しましたが、ブライダルの手伝いをした事もあります。

テーブルや椅子のセッティングから、引き出物の準備、クローク係、挙式中の裏方、2次会場へのタクシー手配は誘導、片付けまでとを一日のみ手伝いました。挙式の裏側を拝見する事が出来た、いい経験でした。

ただ、当日のみの勤務で、アルバイトにはリハーサルもなかったため、ぶっつけ本番でそそが無いように、最新の注意を払いました。覆面調査員として、サロンなどにも行きました。

報酬を頂きながら、しかもエステを体験も出来るという大変魅力的なお仕事でした。体験の感想をアンケートに答えて業務完了です。仕事とは言え、エステの環境にいるだけでも、リラックス効果もありますし、その環境いるだけで美意識が高まります。農家さんのアルバイトもしました。

どうしても春の種植えの時期は人手が必要なので。種芋のじゃがいも切りをしたり、耕運機に乗せてもらい、種撒きしたり、除草したり。また収穫時期にお手伝いすれば、収穫した野菜達のお裾分けがありました。実家にも一箱送ってくれました。
【競走馬の牧場でのアルバイト】
私は競走馬の牧場にて、アルバイトをしたことがあります。

このアルバイトを選んだのは、動物が好き。サラブレットの美しい姿が好き。北海道が好き。美しい風景のなかで仕事をしたいなど、様々な理由があります。

また、当時、何か嫌なことがあると、すぐに「もう、会社をやめて牧場に転職したい」と思ってしまうことが、頻繁にあったからです。

この仕事は、転職しようと考えて、2週間ほど休みをとったときに経験したものです。

仕事内容は、朝4時に起床して、馬を放牧する場所につれていき、以降は4時間程、ひたすら厩舎のそうじをしました。
糞尿を「こえだめ」に運ぶと言う、臭いや体力の面で過酷な労働があり、とてもキツかったです。

厩舎の掃除が進むと、今度は干し草などを運び、馬の寝床を整えます。
その後、牧場前の農道の掃除などをおこないました。

掃除とひとことで言っても、想像を絶するもので、500メートルはあろうかと思う、農道をひたすらほうきで掃くという、気が遠くなりそうなものでした。

ときおり、休憩時間が設けられます。
牧場で働く人々は、本当に馬が好きなようで、馬の雑誌などを黙って読み、会話はほとんどありませんでした。

しかし、みなさん、とても優しかったため、都会の仕事のように、人間関係で悩むことはありませんでした。
仕事は昼過ぎには終わります。

その時間には、サラブレットの種付けの現場などに連れて行ってくれることもありましたが、このアルバイトの内容を振り返ると、本当に重労働で、仕事中は、馬は放牧に出されているので、馬にふれあうような時間はありませんでした。

「美しい景色のなかで馬とふれあえる仕事」と、のんきに想像していたものとは大違いでしたが、このアルバイトで経験したことは人生のうえで非常に貴重なものになっています。

このアルバイトを経験したことで、仕事でいやなことがあっても、牧場のアルバイトのほうがずっと過酷だと思い、堪えることができるようになりました。

もし、牧場のアルバイトをしなければ、いまだに現実逃避しやすい性質だったかもしれません。
また、人生のうえでは、やってみたいことはやってみるべき。ということも経験のうえで、学びました。

有難い経験

私が夏場限定の短期アルバイトをしています。

元々勤めていた仕事先では、夏場は仕事がない為夏の間の一時期間だけ働こうと思ったことがきっかけです。
仕事内容は、クリーニングの洗濯、仕上げ、出荷などです。

工場勤務で、工場内は気温が高く湿度も多い為一日中汗を流しながらの作業で、本当に大変です。
仕事はとても忙しく、この暑さの中勤務することを考えれば850円という時給は、とても安く感じます。

そのせいで、工場内は外国人の方ばかりです。
外国人から仕事を教わるので、説明がよくわからなかったり聞いたことの半分程度しか答えが返ってこなかったりして
仕事が覚えづらいことと、やりにくさを感じています。

短期だけの仕事だと割り切って頑張っていますが、今までに経験しことのない大変さを感じます。
日にもよりますが、洗濯後に衣類等をたたみ出荷する準備をするのは綺麗な仕事ですが、前処理といって汚れたユニホームや作業着などの衣類を直接触り裏表をかえしたり、ポケットに物が入っていないかチェックする仕事もあります。

酷く汚れた作業服や湿った衣類を触ることに、最初はとても抵抗がありました。
また臭いも気になりましたが、こういった仕事をしている人達があってユニホームというのは綺麗に仕上がってくるんだということを知ることができました。

以前、飲食店に勤めていた時に着ていたコック服も相当汚して洗濯に出していましたが、こういった作業をされて、綺麗になって戻ってくるのだと思うと有難いなという気持ちになります。

とても大変な仕事ですが、このような経験はとても貴重に感じました。
夏と言えば他にも、夏限定のアルバイトがあります。

それは、海の家のアルバイトです。私も学生の頃はよく海の家でアルバイトでしていましたね。
時給はそこまで高くないんですが、とにかく楽しいアルバイトですよね。

もちろん仕事なので大変なんですけど、休憩時間には海に入って遊べるし、友達もたくさん来てくれるので本当に楽しい思い出ばかりです。

夏限定とちょっと短い期間になってしまいますが、海の家のアルバイトもお勧めですね。

今すぐお金を借りたい!!

先に、自分自身に最もメリットが大きいカードローンっていうのはどれなのか、余裕のある毎月の返済は、いくらと設定しておくべきなのか、ということを時間をかけてじっくりと検討していただいて、実現可能な計画でカードローンによる借り入れを利用してください。
この頃は迅速な即日融資をしてくれる、キャッシング会社がたくさんあるわけです。融資のタイミングによってはカードがあなたに届けられるより前に、審査が終わってお金が銀行口座に振り込んでくれるのです。かしこまって本人がお店に出向かずとも、手軽にPCンを使って出来ますのでどうぞご利用ください。
ウェブサイトなどでとても気になる即日キャッシングのメリットがいろんなところで掲載されていますが、本当に必要なきちんとした手続の方法などを掲載して閲覧可能なものが、見当たらないのが今の状態なのです。
融資金額でも銀行からの借り入れ分は、融資総額の規制をする総量規制の対象にならないので、カードローンでの融資を考えているなら、できるだけ銀行にするほうが正解だと覚えておいてください。融資の限度として、年間収入の3分の1未満の金額までじゃないと、例外を除いて借りることはNGという規制であり、これが注目の総量規制というわけです。
表記で一番見かけると思うのがキャッシング及びカードローンかと考えられるわけです。この違いをはっきり教えてもらえませんか?などこの件に関するお問い合わせが結構あるのですが、例を挙げるとすれば、返済の方法とか考え方の点で、少々違っているといったわずかなものです。

最近実施会社の数が増えている一定期間(最大30日間)の、利息が1円も発生しないという無利息キャッシングなら、資金を準備してくれたローン取り扱いの金融機関へ返済する合計額が、絶対に無利息期間分少なくなるので、それだけお得になるという、とてもうれしいサービスなんです。こんなにお得なのに審査項目が、厳しくなったり高くなったりということも無いのでご安心ください。
最近よく見かける魅力的な即日キャッシングに関するある程度の内容だけは、理解できている人は珍しくないのですが、現実の必要書類や手順など、いかにしてキャッシング可能になるのか、ちゃんと把握しているという人は、数少ないのではないでしょうか。
一時はCMで大流行した無人契約機を使って、申込みするというお手軽な方法でもいいでしょう。店員はいない申込コーナーで機械を使って申込を行うわけなので、人に会う必要もなく、予定外の支払いがあってピンチのときにキャッシングを新規で申込むことができるわけです。
簡単に言うとカードローンとは、貸したお金の使途を縛らないことで、とっても使いやすい融資商品になっています。用途が決まっている他のローンよりは、高金利なのですが、キャッシングと比べれば、少なめの利息を採用している場合が大部分のようです。
あなたがキャッシング会社に、融資のための申込をするって決めても、選んだところで即日キャッシングの対応で入金してくれる、時間に制限があるので、その点もきちんと問題がないか確認してから利用申し込みを行うことが大切です。

必要なら金融に関する情報が豊富なウェブページを、活用することによって、当日入金の即日融資で対応が可能な消費者金融(サラ金)会社を、どこにいても詳しく調査して、探し出していただくことだって、叶うのです。※今すぐお金を借りる
事前の審査は、どこのキャッシング会社でどんなサービスを受けたいときでも絶対に必要で、申込んだあなた自身に関する情報や記録を、利用するキャッシング会社に伝える必要があります。そして必要な項目のチェックを行うなどによって、キャッシング審査がしっかりと行われているのです。
申込を行うよりも前に、借り入れたけれども返せなかったなどの問題を経験している方の場合は、現在でもキャッシングの新規申込審査を受けたとしても合格することは不可能です。従って、今も昔も実績が、素晴らしいものじゃないといけません。
期日に遅れての返済などを何回もやってしまうと、キャッシングに関する実績の評価が下がってしまって、高望みせずにかなり低い金額で融資してもらおうと考えても、本来通れるはずの審査を通パスさせてもらうことができないという方が実際にいるのです。
とてもありがたい無利息OKのキャッシングは、どうしても定められた30日間で、返済できなくなっても、他のやり方で利息が原則通りに発生してキャッシングしたケースと比較して、無利息期間の分だけ利息が少額でいけることになるので、とっても魅力的な素晴らしいサービスなんです。

初任給から・・・

就職してずっと楽しみにしていた初任給。少ないのでは?と手取り金額を見て思いましたが、まあこんなものなのだろうと思う事にしました。

自分のアルバイト時代の給与の半額程度しかなかったので、正直がっかりしましたが、色々な税金が引かれているし、仕方ないのだと考えることにしました。

しかし、他の業界などに勤める友人達と食事をしていた時に聞いてしまった皆の初任給には驚愕しました。手取りベースで軽く5、6万円違ったのです。これには自分も唖然としましたが、友人達からもその低い給料には目を丸くされました。

更に、就職1月目から、当たり前のように親からは月々の生活費(3万円)を入れるように言い渡され、さらに手元に残るお金は少なくなりました。

それでも就職してすぐは、身の回りの物(洋服、バッグ、靴、化粧品など)で何かと入用だったので、飛ぶようにお金が出ていきました。さらにまた生命保険などにも入ったほうがいいという周囲からのすすめもあり、そちらも加入することになったりで・・・。

もうほとんど遊ぶお金などは残りませんでした。学生時代の友人達との会食なども2回に1度は泣く泣く断り、お昼はお弁当や飲み物を持参するなどして、切りつめられるだけ切りつめました。ちなみにお弁当は親が作ってくれたのですが、1食300円をきちんと徴収されてしまっていました。

幸い、職場での飲み会は新入社員ということで何かと優遇してもらい、かなり安く、または無料で出席することができたので何とかお付き合いに参加することはできていました。それでも財布の中身はいつもほとんど空でした。

それでも平日は出勤して、帰宅して、と規則正しい生活をしていたので、お金を使わずに済む生活をしていたので、何とかやりくりすることができていました。けれどいつも不満は感じていて、転職も考えたこともありました。

しかし、気づくと5年が経過していて、そのころには、周囲の友人達よりも年収ベースでは自分のほうが多くもらえるようになっていました。あの頃やめずに頑張ってよかったなと今では思っています。